100%アリバイ

お役立ち情報

前のページに戻る

2009/10/20

100%アリバイ

 

犯罪者が巧みにこしらえあげたアリバイを、探偵が苦心してその謎を解いていく。

そして最後に犯人をつきとめる。

それが推理小説の常道である、クロフツの『樽』、ブッシュの『完全殺人事件』がその代表的作品であることは、

先刻ご承知のとおりである。

ところが、その常道をはずれて鉄壁のアリバイの前に探偵が手も足も出ず、ついに兜を脱ぐという結着に終っているのがこの『100%アリバイ』で、つまり普通の探偵小説とはまるで行き方が違っている所に興味があり、毛色の変った探偵小説と呼ばれている所以である。

想うに作者は、その第一作『完全殺人事件』が異常な成功を収めたので、

同じくアリバイを扱いながら、全然変った構想のもとに今一度読者の要望に応えようと考えたのだろう。

名探偵の前には、いかなるアリバイも打ち砕かれるという定跡をひっくり返して、完璧なアリバイは法の力をもってしても、どうすることもできないという新定跡を提供している。

これは権力と智嚢に対する挑戦であるとともに、

賢明なる読者に対する挑戦でもある。作者はこの新しい試みを完成するために、

ずい分と手の込んだ膳立てを作っている。

その点では確かに英国流の本格探偵小説の力作として推奨するに足る作品である

 


リマックスの企業理念

  • 大事なこと…それはお客様の目的に叶うことです。
  • お客様のご要望に対して『できません』とお応えすることはありません。
  • お客様のご要望に、Re:(返す) MAX(最大限) これがアリバイ会社"Re MAX"の企業理念です。

お申し込み

アリバイ会社RE/MAX

お知らせ

アリバイ会社HOMEサービス内容サービス料金書類作成入居保証人お役立ち情報よくある質問Q&Aご利用規約個人情報保護基本指針運営会社のご案内サイトマップ