円相場

お役立ち情報

前のページに戻る

2009/11/05

円相場

 

国際市場において、日本の通貨である円の相対的価値が、政治の目的や何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「円高」、逆に低い水準であるとき「円安」という。分かりやすく言えば、今まで1ドル95円だったが、1ドル90円になった場合には、円高になる。つまり、より少額の「円」で、1ドルと交換できるようになる訳である(同じ円貨額でより多くのドルを買えるようになったと考えると、通貨価値が上がったということが理解されやすい)。

一見、円高にメリットがあると思われがちだが、比較優位をもつ輸出産業(比較優位をもつからこそ輸出産業)が採算レートを割るような円高になって、海外に移転するなどすれば、平均的な生産性がさがり、賃金もさがり生活水準の低下につながる。

参照:円高不況 2009年現在、対ドル相場が1ドル90円以下になったときには、明確に円高という。

円高の際には、東証の輸出向け企業の株価は急落することが多い。

また、輸出産業の業績が悪化し、輸入産業の業績が好調となる。

輸入するときには、今までより安く仕入れる事ができるので、コストが削減できる。 輸出するときには、円が高いために買ってもらいにくくなるため、利益が減少する。

2009年現在、対ドル相場が1ドル100円以上になった時には、明確に円安という。

円安においては、東証の輸出向け企業の株価は急騰することが多い。

また、輸入産業の業績が悪化し、輸出産業の業績が好調となる。 輸入するときには、今までより高く仕入れなくてはならないので、コストが余計にかかる。

輸出するときには、円が割安なので買ってもらいやすくなり、利益が増大する。

リマックスの企業理念

  • 大事なこと…それはお客様の目的に叶うことです。
  • お客様のご要望に対して『できません』とお応えすることはありません。
  • お客様のご要望に、Re:(返す) MAX(最大限) これがアリバイ会社"Re MAX"の企業理念です。

お申し込み

モバイルサイト

お知らせ

アリバイ会社HOMEサービス内容サービス料金書類作成入居保証人お役立ち情報よくある質問Q&Aご利用規約個人情報保護基本指針運営会社のご案内サイトマップ