給与支払報告書

お役立ち情報

前のページに戻る

2009/11/07

給与支払報告書

 

給与支払報告書(きゅうよしはらいほうこくしょ)とは、前年1月1日から12月31日までの間、事業所等が給与を支払った場合、支給した事業所が、支給した者の1月1日に居住する市町村に提出しなければならない書類である。

1月1日現在において給与の支払をする事業所等は、1月31日までに前年中の給与所得の金額その他必要な事項を当該給与の支払を受けている者の1月1日現在の居住市町村の市町村長に2通提出しなければならないこととなっている。記載する項目がほぼ同一であるため、源泉徴収票と混同されがちではあるが別物であり、提出範囲についても源泉徴収票とは異なる。 市町村では、提出された給与支払報告書等に基づき住民税を課税する。略して「給報」(きゅうほう)と呼ばれることもある。 提出が義務づけられているにも関わらず、提出しなかった場合や虚偽の記載をした場合は、地方税法第317条の7の規定により、1年以下の懲役または20万円以下の罰金を科せられることとなっている。

 

リマックスの企業理念

  • 大事なこと…それはお客様の目的に叶うことです。
  • お客様のご要望に対して『できません』とお応えすることはありません。
  • お客様のご要望に、Re:(返す) MAX(最大限) これがアリバイ会社"Re MAX"の企業理念です。

お申し込み

モバイルサイト

お知らせ

アリバイ会社HOMEサービス内容サービス料金書類作成入居保証人お役立ち情報よくある質問Q&Aご利用規約個人情報保護基本指針運営会社のご案内サイトマップ